超音波エコーについて

​超音波観察は超音波観察装置によって損傷を受けた部位や痛みがある部位を観察することで、ケガの程度や痛みの原因をはっきりと可視化することを目的としています。

整骨院・接骨院・鍼灸整骨院では単純X線やCT、MRIを扱うことができませんが、超音波観察装置の使用は厚生労働省により認められています。

​外傷を扱う上で超音波観察装置は必要不可欠な検査装置であり、超音波観察なしでは、100%安心・安全な医療を患者様に提供することは困難です。

超音波観察の特徴は以下の通りです。

1、超音波観察で見えるものは、骨・軟骨・関節・靭帯・筋肉・腱・血管・脂肪など、運動器の構成体は全て見ることができる。

​2、動態観察が可能である。

​単純X線・CT・MRIの共通した弱点は「静止画で見る」ということであり、動かすと痛みが現れる運動器の場合は動かしながら見ることが重要であり、現在これが可能なのは超音波観察のみである。

当院では、診察の際に、問診・触診等を実施した後、超音波観察を行い、エコー画像を確認することで確実な状態把握を行います。これにより、適切な処置を施し早期の回復を実現します。

​-住所-

〒649-0316  

和歌山県有田市宮崎町161

ご予約☎︎:0737-83-6162